期間工クエスト~マツダ編5話 祝い金について事前情報と実際の違い~

      2018/07/07

どうも

ハデスです

マツダライフも早くも3週目を迎えております。

私の配属された仕事は、労働内容はさほどきつくないですが、夏は暑さ、冬は寒さとの闘いだそうです。

あとは慣れてくると単純作業の繰り返しと、話す相手がいないため眠気が襲ってくるそうです。

ある程度きついんだと心の準備をしとかないと精神がもっていかれては続けられませんからね。

さて今回はORJの祝い金について入金があったので報告です

ORJの祝い金の事前情報と担当者から受けた説明

1.ORJの祝い金は雑所得となる

これは所得税や社会保険などは引かれません。

引かれるのは振込み手数料だけでした。

振込金額は299234円でほぼ30万円でした。

税金が引かれないので、一時金としてはほぼ額面通りもらえるので、使い道として計算が立てやすいです

2.振込みの時期

ORJから入社祝い金をもらうにはあらかじめ祝い金の書類にサインし、口座を設定する必要があります。

その際にマツダとアイシンは入社後3週間、その他の企業は2週間で振込と書かれており、説明もマツダは3週間後に振込みますと担当者にされました。

実際の振り込みはどうだったかというと10日後に振り込まれてました。

前職のPEOの給料日が4/13だったため確認にいくとORJの振り込みもあったので、3週間と念押しされてたのは何だったんだと思いました(笑)

3.ORJはマツダの面接を受けるだけでも10万円

祝い金の内訳を言うと選考会参加費が10万円、入社祝い金が20万円です。面接に参加して採用とならなかった場合でも10万円はもらえるので

受ける価値はあります。

祝い金30万円が10日でもらえることから導き出されること

この事実から行くと、私はすでにもろもろの経費を除いてもマツダに来て金銭的にプラスになっているということです。

今の仕事は続けられそうで、半年満了までがんばりますが、もし仕事がきつすぎて、続けられなくてやめるはめになっても、損益分岐で益に傾いているのです。

1週間は研修期間で座学、配属1週間は実際の作業はほとんどなく、体力的には消耗はほとんどありません。

なので期間工はお金が魅力的で興味はあるが、体力的にどうだろうと考えている人も思い切って飛び込んでみるべきなのです。

10日遅刻せずにがんばればマツダでは元が取れます。

ただ注意しないといけないのは、満了せずに投げ出してしまうと、次また期間工に行くときにある程度苦労しますので、できれば満了まではやりましょう。

辞める場合もバックレだけは駄目です。体力的に続けられないと上長に報告してから退職しましょう。

まとめ

■マツダの祝い金は事前説明では3週間後に振込みとなっていたが実際は10日後に振り込まれた

■振込金額はほぼ額面通り30万円で税金は引かれない

■選考会参加だけで10万円もらえるので、行って損はない

■10日で30万円もらえるので、迷っている人は思い切って飛び込んでみて、もし体力的に続けられなくても損することはない

私もPEOからマツダの期間工になりましたが、今のところ期間工渡りしてよかったと思います。

祝い金もPEOで12万、マツダで45万と1年に2回祝い金の恩恵を受けられているので期間工、派遣渡りは結構ありだなと改めて感じてます。

最近はPEOに対する質問も増えてきているので、改めてPEOについての記事も上げていこうと思います。

それでは今日も期間工クエストレベル上げがんばっていきます。

ランキング上位をめざしてます。ポチって頂けると更新の励みとなります。

期間工ランキング

 - 期間工クエスト マツダ編