ここにいます。 期間工に申し込んで正社員?PEOについてお金の話 | 真 期間工クエスト~浮上の記録~

期間工に申し込んで正社員?PEOについてお金の話

      2018/07/07

どうも

はですです。

目次はこんな感じです。

1.そもそもPEOって何?

2.私が経験したPEOへの採用の流れ

3.PEOの給与の話

4.まとめ

1.そもそもPEOってなに?

PEOとは期間工を紹介している大手のアウトソーシングの子会社で、派遣事業を行っている

会社です。

PEOに所属すると、まずPEOの正社員として雇用されます。そしてPEOの正社員として様々な

会社に派遣されます。派遣先もいくつかあり、選ぶことも可能です。

代表的なところでいうと三菱、日産などです。ただやっている仕事は派遣、期間工と一緒です。

大きく違う点は無期雇用というところです。なので満期もないです。

派遣は同じ事業所に3年入れないので、2年11ヶ月働いたら、PEO所属のまま事業所の移動と

なります。それかPEOの労働管理部門に回ることもできます。(これは別のブログで詳しく書きます。)

2.私が経験したPEO採用の流れ

期間工になるためアウトソーシングに電話
       ↓
面接を受けて希望を聞かれる
       ↓
自動車の期間工とPEOの話をされる。
       ↓
PEOと期間工とくらべるとPEOは一時金は少なく、満了金もないが月給は期間工より
高い。自動車の期間工は満了金はあるが月給は低いから満期までいる自信がなかったら
PEOがいいと勧められる。
       ↓
前職は事務系だったので工場労働をすることに不安があったためPEOにする
       ↓
派遣先の会社を自分で選ぶ(提示された中で一番月給の高いところを選ぶ。5社くらい提示があり
全部給与が違う)
       ↓
アウトソーシングの面接担当者から配属企業の担当者に引き継ぐ。
       ↓
   面接なしで即配属
       ↓
配属企業のある土地に移動し、健康診断を受けて仕事開始。

採用の流れはこんな感じです。

3.PEOの給与の話

PEOの給与体系は少し特別で、

基本給は

13.6000円の一律です。

あとは諸手当として配属企業ごとに生産協力金として

10万から13万くらい金額差があります。

私の場合この生産協力金が

12.2000円でしたので、

基本月給25.8000円です。

残業代はこれを20日で割り、日給を出して、そこから時給を出してから

その時給から25パーセントアップしたものが残業代となります。

私の場合は残業代は

時給2.100円です。

結構高いでしょ。

ただし、満了金はないので残業、休出をたくさんして満了金の分を補わなくてはなりません。

休出が夜勤の場合、22時以降の時給は

時給2.650円

さらに残業すると

時給3.150円

となり結構すごいことになります。

私の配属された企業はマックスで80時間未満まで残業ができるので

稼げる部署だと手取りで42.0000円くらい稼いでる人もいます。

給与についてはざっくりとこんな感じです。

次に祝い金ですが、それぞれの企業ごとに違いがあり、5.0000円から30.0000円までと

幅があります。支給時期ですが、配属された日付で異なっており、

9月4日入社の私は11月30日に15.0000円支給でした。9月入社は30日でも11月30日

支給でしたので、最短で2か月、最長で3か月といった感じです。

祝い金の注意点ですがPEOの場合は一時金を賞与として出すので、(わけわからん怒)

所得税の他に社保引かれるので手取りは11.9000円くらいでした。

あと他のブログでPEOは休んでも給料かわらないからいいもんだという趣旨の

文章がありましたが、これは真実ではなく、欠勤があると25.8000円を20日で割って

日給を割り出し、休むごとに日給が引かれます。

私の場合は12.900円ひかれるので痛いです。(インフルエンザで1週間休みました泣)

4.まとめ

PEOはアウトソーシングの子会社的なもので、正社員採用となる

アウトソーシングで期間工に申し込んでも勧められることも多い

期間工との違いは満了がなく従って満了金もない

期間工よりも月給自体は高い、よって時給も高くなるので満了金がない分残業で稼ぐ

本日の内容はこんな感じです。給与や待遇についてはまだ掘り下げがあるので

徐々にアップしていきたいと思います。

それではまた。

ランキングに参加しておりますのでよろしくお願いします


期間工ランキング

 - 期間工クエスト PEO編